ガールズバー・コンカフェのコラムお役立ち情報「体入ガールズミープラス」

ガールズバーは何歳まで働ける?30代以降で活躍するポイントも

ガールズバー

ガールズバーのキャストに年齢上限はありません。ただし、ガールズバーはナイトワーク初心者にも向いている仕事のため、ナイトワークの中では比較的キャストの年齢層が低い傾向にあります。ガールズバーで働くことに興味があるものの、自分の年齢で活躍できるのか悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

この記事ではガールズバーでキャストが働ける年齢の上限・下限に加えて、30代以降の女性がガールズバーで働く場合に気を付けたいポイントを解説します。

 

1.ガールズバーは何歳まで働ける?

ガールズバーで働くキャストの年齢上限はありません。何歳であっても面接を受けられ、採用されれば働くことは可能です。落ち着いた年齢の女性と話したい男性に向けて、30歳以上の女性を募集している店舗もあります。

ただし、ガールズバーによっては年齢制限を設けている店舗もあります。年齢が高くなると20代前半の若い女性を中心に採用しているガールズバーでは採用されにくくなるので、自分と同年代の女性が活躍している店舗を選ぶのがおすすめです。

 

1-1.ガールズバーで働ける年齢の下限

ガールズバーで働ける年齢に上限はない一方で、下限はあります。労働基準法により、店が22~翌5時に18歳未満を働かせることは禁じられています。ガールズバーは夜から早朝にかけて営業しているところが多く、18歳未満の未成年者は雇われません。

出典:e-Gov法令検索「労働基準法」

また、ガールズバーの多くは、18歳以上であっても高校生は採用していません。高校に通いながらガールズバーで働きたい場合は、求人情報の応募資格蘭に「高校生不可」と明記されていないお店選びが必要です。また、もし20歳未満の方がガールズバーで働く場合は、例えお客さまから勧められても、飲酒をけっして行わないようにしましょう。

法的なトラブルを避けるために、お酒が飲める20歳以上を採用基準としているお店もあります。ガールズバーのキャストはお客さまにお酒を提供して楽しく会話するのが仕事です。そのため、店側が飲酒可能な年齢のキャストを望む場合もあります。

 

2.ガールズバーで働いているキャストの平均年齢

ガールズバーで働くキャストの年齢は、お店による違いはあるものの、全体で見れば18~25歳が中心です。他のナイトワークと比べ、ガールズバーで働くキャストの平均年齢が低めなのには、以下のような理由が考えられます。

・ガールズバーはナイトワーク初心者に向いている

ガールズバーのキャストはカウンター越しに接客すればよく、お客さまと連絡先の交換をする必要がありません。多くの店舗はキャバクラのようにノルマがないため、気軽に働ける傾向にあります。結果、ナイトワーク初心者がガールズバーを選び、平均年齢が低めになります。

・経験を積んで他のナイトワークに移る人もいる

ガールズバーで経験を重ねたキャストの中には、より効率的に稼げて高収入が狙えるキャバクラやスナックといった他のナイトワークにシフトする方もいます。そのため、平均年齢が低くなります。

ただし、キャストの平均年齢が低いガールズバーばかりではありません。ガールズバーの中にはキャストの年齢層が20代後半~30代と高めのお店もあります。

 

3.30代以降は他のナイトワークも検討するべき?

30歳以降であってもガールズバーに勤務することは可能です。ただし、20代前半のキャストがメインのお店で働くと、他のキャストと話があまり合わなかったり、雰囲気になじめなかったりする可能性があります。働きやすい職場を選ぶなら、キャバクラやスナックといったガールズバー以外のナイトワークを検討するのも1つの方法です。

もちろん、30代でもガールズバーで働いて人気を得ている女性はいます。ガールズバーとそれ以外のナイトワークのどちらに向いているかは、一概に年齢で区切れるものではありません。人によってはキャバクラなどのナイトワークよりガールズバーのほうが合っている可能性があります。

 

4.30代以降でガールズバーで働く場合のポイント3つ

30歳を越えると、ガールズバー勤務の女性が少なくなることは確かですが、いくつかのポイントを押さえれば、30代になっても活躍し続けられます。

30歳以降でもガールズバーで働き続けるために、押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

 

4-1.強いメンタルを持って働く

30代以上の女性がガールズバーで働く場合、ある程度の精神的な余裕が必要です。

ガールズバーに来店するお客さまの中には、20代前半のキャストに対しては愛想よく接しても、30代のキャストに対してはあまり態度がよくない男性客が存在します。特に悪質な客の場合、キャストの年齢が30代の場合、「若い子の方がよかった」などの心ない言葉を投げかけてくる場合があります。

何か言われても、「30代にしては若く見えるでしょ」などとかわしつつ、笑顔で流すのが大切です。そのためには、ある程度気持ちを強く持つことも必要でしょう。とは言え、多くのお客さまはマナーを守って楽しむため、過剰な心配は不要です。

 

4-2.落ち着いた雰囲気を演出して働く

30歳を超えたからこそ出せる、大人っぽい雰囲気や落ち着きを強みとして働くことがおすすめです。

キャストとして働く以上、容姿の若々しさはある程度求められます。しかし、周囲の若いキャストのように、10代や20代が似合う話題や言動を真似る必要はありません。

ガールズバーに来るお客さまは、10代後半や20代前半の若い女の子が目当ての男性ばかりではありません。中には、30歳以降の落ち着いた大人の女性を求めて来店するお客さまもいます。そうしたお客さまから望まれているのは、年齢に応じた人生経験が感じられる接客です。ガールズバーのお店側も、30代以降の女性に対しては、落ち着いた接客を要求することがあります。より若い世代と差別化できるような接客を行いましょう。

 

4-3.見た目に気を使って働く

30歳以降の女性がガールズバーで働く場合、10代や20代のとき以上に見た目に気を使うことが大切です。

若いころと比べれば、どうしても肌や髪の状態もスタイルも変わります。若いころのような肌のハリや髪の美しさを保つには、入念なスキンケアやヘアケアが必要です。身体のラインを維持するためには、日頃から意識して運動やケアをすることも欠かせません。

肌や髪、身体の根本的なケアをせず、メイクやファッションだけを若くするのはNGです。自分の魅力を最大限引き出せるような、ナチュラルで清潔感のあるメイクにするのも重要なポイントです。

 

まとめ

ガールズバーで働くキャストの年齢上限はなく、飲酒可能な年齢であれば働けます。ガールズバーの中にはキャストの年齢層が20代後半~30代と高めのお店もあり、30代以降の女性が活躍することも可能です。

30代以降の女性がガールズバーで働く場合は、10代や20代のときよりも見た目に気を使い、落ち着いた人生経験が感じられる接客を行いましょう。また、悪質な客から年齢について心ない言葉を言われたときに受け流す必要もあります。

関連記事

特集記事

TOP
CLOSE